楽焼窯元、佐々木昭楽さんによる手作りの黒楽茶碗。
「万代屋黒」と名付けられた長次郎写しの味わい深い楽茶碗です。
長次郎は、楽焼窯元樂家の初代とされています。
千利休によって茶の湯が花開いた頃、利休に茶碗づくりを一任されたのが長次郎でした。
利休の求める侘び茶の精神を見事に具現化した長次郎の楽茶碗。
それを今の時代に再現したのが、昭楽さんの茶碗です。
全体は、なめらかに削り上げられ、穏やかなフォルムを見せています。釉調はなじんだようなカセ肌で、黒褐色の変化のある景色を見せています。
本歌は千利休より娘婿の万代屋宗安の手にわたり、万代屋家の所蔵となり、現在は楽美術館所有となっています。
典型的な利休形と称され、長次郎の中では、後期のものとされています。

こちらの商品は木箱入りでございます。

商品サイズ: 直径 11.7cm 高さ 7.8cm
※こちらの商品はひとつひとつ手作りのため、サイズは多少の誤差があります。

作:松楽窯
京都・楽焼(日本製)